What's New

脱毛するために知っておきたいポイント

自宅で脱毛、手軽さに隠れている落とし穴とは?

自宅で脱毛するには、脱毛クリームや家庭用脱毛器などさまざまな方法があります。しかし手軽だからといって、完全に安心していいわけではありません。脱毛クリームは皮膚に塗って、あとは洗い流すだけ…。確かに非常に簡単ですが、含まれる成分によっては皮膚が荒れたり、赤く腫れたりすることもあるので敏感肌の方は成分をしっかり確認する必要があります。
また、家庭用脱毛器のなかには熱力で脱毛するものもあります。しっかりと脱毛できますが、熱が同時に発生しているので、火傷のような痛みが出てきます。だから、熱を利用した脱毛器を使う場合は、氷水を入れたビニールを用意してこまめに冷やしながら脱毛すると痛みを和らげることができます。

自宅外で脱毛、脱毛後に気を付けること

脱毛は自宅だけでなく、エステや医療機関などで本格的にすることもできます。その際に注意することもあります。脱毛前後の日は入浴は厳禁とされています。脱毛前後の日は皮膚が非常に敏感になっています。そんなときに入浴をすれば身体が温まることで血流が早くなり、皮膚はすぐに赤くなってしまいます。擦ることで、よりかゆみが発生し負のスパイラルに陥ってしまいます。そのため入浴は避け、シャワーだけさっと浴びることが推奨されています。
また脱毛が一度だけでいいと思っている方もいるかもしれませんが、何度も通う必要があります。毛周期という毛の生え変わりのサイクルで成長期の毛は脱毛できても、休止期や退行期の毛は脱毛ができません。ですから時期をずらす必要があるからです。

横浜で脱毛を行う際には、評判などをもとにしながら施術品質を比較してサロン選びを行うことがポイントです。